借地権とは何か

借地権とは「しゃくちけん」と読み、自分で所有する建物を建てることを目的に、別の人の土地を借りる権利のことをいいます。
単純に土地を借りるだけの権利のことは借地権とはいいません。
自己所有の建物を建てるという目的が存在している必要があります。

また、他人の土地を借りるということは、貸す人物がいます。
土地を借りる権利=借地権を持っている人のことは借地権者といい、土地を貸す側(主に地主)で借地権を設定している人のことは借地権設定者といいます。
借地権者、借地権設定者が借りる側、貸す側のどちらなのかわからなくなることはこれでなくなるでしょう。

次に借地権のことで頭に入れておきたい基本的なことですが、借地権には複数の種類が存在します。
賃借権、地上権、使用借権という具合に複数の名称の権利がありますが、単純に借地権という場合には賃借権のことを指している場合がほとんどです。
なお、借地権の種類別の特徴に関しては別項にまとめていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

そのほか、借地権のことが定められている法律が存在していることも知っておいたほうがいいです。
平成4年8月1日に定められた借地借家法は新法と呼ばれており、新法がはじまる前の借地法は旧法と呼ばれています。
借地借家法(新法)と借地法(旧法)の違いに関しては別のページで解説していますので、借地権の種類に関する情報と一緒にチェックしておくことをおすすめします。



□外部サイト
専門家へ借地権売却の相談をすることができます > 借地権売却相談